Tシャツのプリント方法の種類・特徴

Tシャツ通販ファッションサイト HOT CORNER
プリントTシャツの印刷方法(熱転写方式やシルクスクリーンの違い)や、Tシャツの通販ショップの最新情報,さらにシルバーアクセサリー,腕時計,サングラス,帽子など流行の通販グッズを紹介するファッション情報満載のおしゃれなサイトです。メンズ、レディースとも、ファッショングッズ充実

Tシャツプリント方法の違い&特徴

Tシャツのプリント方法には大きく分けてシルクスクリーン転写プリントの2つの方法があります。

シルクスクリーンとは版画のようなものです。 顔料またはラバーインクを布地の部分に直接染み込ませることによって着色します。長所は洗濯を繰り返してもなかなか色落ちせず、プリント部分がはがれないことです。さらに一度版をつくるとそれを繰り返し使えるので大量に作成することができます。短所は単色しか使えないことです。何度も繰り返して色を重ねることにより複数の色を使うことはできますが、なかなか手間が掛かります。最近ではラメプリント(キラキラした光沢素材)や発砲プリント(モコモコと膨らみ立体感の出る素材)など新たなインクも市販されています。

転写式プリントとはデザインした絵や写真などを転写シートに印刷した後に、熱などで圧縮して貼り付ける方法です。長所はデジタル画像などフルカラーの画像も作成できることです。また、通販などで販売されているアイロンプリント転写紙で手軽に手作りすることもできます。 短所は洗濯を重ねることで色落ち、もしくはデザイン部分がはがれてしまうことです。そして転写シートを貼り付けるのでその分通気性が悪くなってしまうことです。
それぞれの長所短所を理解しておくことは、ご自分でTシャツを作成する時や購入するときまた、洗濯するときに役立つと思いますので参考にしてはどうでしょうか。

シルクスクリーンプリント 転写プリント
長所 洗濯後もあまり色落ちせず、着色部分がはがれ難い
版を作れば大量印刷が手早く出来る
長所 写真画像などフルカラーで自由なデザインができる
短所 フルカラープリントはできない
細かなデザインには向いていない
短所 洗濯を重ねる度に転写部がはがれ、色褪せたりする
転写部の通気性が悪い

Tシャツ通販HOTCORNERよりみなさまへ!

このサイトのメインであるTシャツ以外にもあらゆる最新のファッション情報を幅広く提供していきたいと思います。
今後ともメンズ&レディースにかかわらず、魅力的な通販グッズをご紹介していきたいと思います。
通販商品以外にも便利で役立つ情報、地域別の流行のアイテムの紹介など楽しめるサイトにしていきたいと思いますのでよろしくお願いします。

Tシャツ通販TOPページ
Tシャツショップ紹介|プリントの種類|Tシャツ手作り方法
ファッションコーディネートサイトマップ

カッティングシート系圧着プリント

転写式の中にもさまざまな種類があり、それぞれに特徴があります。カッティングシート圧着プリントとは希望する形にシートをカットし、Tシャツに圧着していくプリント方法です。

カッティングラバーシート圧着プリント
色のついたラバーシートをカットし、高温でプレスして布地に貼り付けます。 ゼッケンなどによく使用されます。シルクスクリーンプリントで使われるラバーインクのような仕上がりが手軽に作成できるのが特徴です。 他に反射(光に反射する素材)、撥水(文字通り撥水加工されています)、蓄光(暗いところで光る素材)、発砲(膨らみ立体感が出る素材)シートなどもあります。 なおこれらの方法はシルクスクリーンとして印刷してくれる会社もあります。

〜ファッション通販のコーナー〜

日本を代表する詩人やイラストレーターなどのクリエイターが作り出すアートTの世界をご堪能ください

ビームスやシップス、ユナイテッドアローズなどの人気ショップの商品も通販で購入できます

Tシャツショップ紹介
Tシャツプリントの種類
Tシャツ手作り方法
ファッションコーディネート
サイトマップ

made in JAPAN

ZOZOTOWN

SEO対策 ショッピングカート レンタルサーバー /テキスト広告 アクセス解析 無料ホームページ 掲示板 ブログ